スマートスタンプで一味違う「楽しみ」を経験しよう! サーティワンアイス。ワンツーシーエムのペーパースマートスタンプを活用した、 「スポンジボブ・スマートスタンププロモーション」開始

– 店頭でクォーター(13,500ウォン)以上を購入した際に「スポンジボブ・スマートスタンプ」を1,500ウォンで購入可能。

ワンツーシーエム(以下12CM)のスマートスタンプ技術を活用し、4/30までプロモーションを実施

– 人気アニメキャラクターのスポンジボブとパトリックがサーティワンアイスクリームを楽しんでいるデザイン。

– アプリにアクセスして押す「スマートスタンプ」と「オリジナルスタンプ」のハイブリッド機能を提供


イベントページに押しているパトリックのスマートスタンプ

国内SPCグループが運営するサーティワンは、スマートスタンプ認証技術の保有する企業12CM(代表ハンジョンギュン)のペーパースタンプ技術を活用して、4月17日から30日まで「スポンジボブ・スマートスタンププロモーション」を行ったことを明らかにした。

「スポンジボブ・スマートスタンププロモーション」は、全国のサーティワンの店舗でクォーター(13,500ウォン)以上を購入した際に「スポンジボブ・スマートスタンプ」を1,500ウォンで購入できるイベントだ。

スポンジボブとパトリックのスマートスタンプ

プロモーションで購入できる「スポンジボブ・スマートスタンプ」は、人気アニメのキャラクターであるスポンジボブとパトリックがサーティワンアイスクリームを楽しんでいるデザインとなっている。サーティワンアイスのアプリにアクセスして押せるスマートスタンプとスマートスタンプの下にあるケースを開けて押すインクタイプのスタンプの2つを楽しめるスタンプとなっている。

サーティワンは12CMの独自技術であるO2Oスマートスタンプを積極的に活用し、韓国国内の消費者から大きな歓心を得ている。

スポンジボブとパトリックのスマートスタンプ

「スポンジボブ・スマートスタンプ」のプロモーションに使用されたスマートスタンプは、2013年に設立された12CMのスマートスタンプ認証技術「エコススタンプ」であり、220以上の特許で保護されている。動作原理は、スマートフォンの「パターンロック」方式と似ている。

スマートフォンアプリ(アプリケーション)がスマートスタンプが持つパターンをタッチパネルが認識し、その情報をシステムに送信する。その後、クラウドで構築されたシステムで決済・認証等の処理が行われる。エコススタンプは情報管理システム(POS)がない店やアウトドアイベント会場でも使用することができる。スマートフォンアプリとクラウドシステムで、すべての認証手続きが行われるためである。タブレットPCのような別の電子機器を購入する必要がなく、システム構築も容易である。また、近接無線通信(NFC)やBluetooth技術も要らず、ほとんどのスマートフォンで使用することができる。

12CMは、本技術をベースに積極的に海外事業を展開しており、世界中22カ国で本技術を提供して事業化している。様々なイベントプロモーション、店舗対象ロイヤリティマーケティング、モバイルクーポンやモバイル決済などのサービスカテゴリーを展開・拡大し続けている。

12CMの朴理事は「世界で発生する1日約400万件以上のデータをビッグデータおよびフィンテック応用分野に拡大する事業を準備中」とし「このような事業を海外にも継続的に拡大する予定」と明らかにした。

株式会社12CM、「日本インバウンドマーケティング協議会」設立推進

株式会社12CM(代表取締役:ハンジョンギュン、以下「12CM」)は、日本法人である株式会社ワンツーシーエムジャパン(代表:シンソンウォン、以下「12CM Japan」)が訪日外国人と日本国内の様々な消費財や商店などと連携したマーケティングビジネス、仮称「日本インバウンドマーケティング協議会(Japan Inbound Marketing Consortium)」の設立を推進すると発表した。

日本の銀行、旅行代理店、クーポン事業者、コンビニエンスストア、ポイントマーケティング事業者など、日本国内の事業者と協議会を構成する計画である。12CMは、訪日外国人を対象に利便性と特典サービスなどを提供し、日本国内のデパート、店舗、レストランなどに、外国人の顧客を紹介しながら、様々なマーケティング機能を提供する事業を展開すると発表した。

12CM Japanは、自社が保有しているフィンテック、O2O技術を活用して、日本国内の各種チケット、クーポンなどを海外のプラットフォームに提供する。さらに日本国内の代表的なポイントマーケティング企業のサービスを海外のプラットフォームと連携してロイヤルティ・プログラムを連携し、日本の金融機関や決済事業者などと連携して、海外連携フィンテックサービスを提供する計画だとしている。

そのために12CMは、12CM Japanが日本国内の代表的な企業と協議会を構成し、日本の観光庁や地方自治体などに参加を呼びかけ、この協議会を2019年6月末の公式発足する予定だと明らかにした。

12CMの日本法人である12CM Japanのシンソンウォン代表は「日本市場は保守的な市場で、強固な内需市場の存在は現金決済中心の金融インフラなどにより、訪日する外国人への革新的なサービスの提供が遅れており、解決策が必要であると指摘されてきた」とコメントしている。

その上で12CM Japanのシン代表は「そのために、日本国内の有力企業との協議会を構成する一方、韓国、中国などのモバイルプラットフォーム及び、金融機関プラットフォームに当該サービスを統合する作業を開始しており、今後代表的なクロスボーダーマーケティング(Cross Boarder Marketing)として活躍することを期待している」と伝えた。

12CMは平昌オリンピックの期間中、中国の代表的なモバイルプラットフォームであるウィーチャット(WeChat)プラットフォームを連携してウィーチャットWi-Fi(WeChat Wi-Fii)、ウィーチャットテーブルオーダー(WeChat Table order)、ウィーチャットミニプログラムクーポン(WeChat mini Program Coupon)など、色々なサービスを展開し、これらを本格的に事業化している。

この計画は、海外プラットフォームとのITサービスの連携する分野でのノウハウと技術力を保有している韓国企業が当該事業を日本市場に拡大する海外フィンテック事業の新たなモデルとして注目されている。

12CM、インターネット専門銀行コンソーシアムに参加

株式会社12CM(代表取締役:ハンジョンギュン、以下「12CM」)はキウム証券、ハナ銀行、SKテレコムなどが主導する「第3インターネット専門銀行」コンソーシアムに参加することを発表した。

12CMは、いわゆる「スマートフォンに押すスタンプ」と呼ばれるスマートスタンプ(製品名:echoss Stamp)技術をベースにO2O(Online to Offline)ビジネスおよびフィンテック(Fin-tech)事業を、韓国をはじめとして海外へ展開している企業である。

今回のインターネット専門銀行コンソーシアムへの参加は、フィンテック企業がインターネット専門銀行設立に参加するという点で市場から注目を浴びている。

12CMは、スマートスタンプ技術と様々なフィンテック技術、ビジネスモデルをベースに22カ国で事業化し、日本、中国、台湾、シンガポールなどに現地法人を設立し、現地の有力企業と提携して様々なフィンテック事業を展開している。

12CMハンジョンギュン代表は「12CMが保有している革新的な中小企業対象のフィンテックビジネスモデルとサービスモデル、そして22カ国のビジネス上のネットワークをベースに今後設立されるインターネット専門銀行と協力し、革新的かつ創造的なバンキングサービスとバンキング連携サービスを実装することを願う」と述べた。

スタンプサービスアプリ「スタンプカードウォレット」提供開始

h

株式会社12cm Mobile(代表:辛晟源)は3月15日から、スタンプサービスアプリ「スタンプカードウォレット(※商標登録出願中)」の提供を開始します。

アプリはiOS、Androidで提供します。

iOS版: https://itunes.apple.com/jp/app/stamp-card-wallet/id1450368160

Android版: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.echoss.stampcard.wallet

一般消費者がスマートスタンプサービスを手軽に利用していただくため、カードだけを入れるミニウォレット(ミニ財布)と同じコンセプトでサービスを作りました。

また、多くの人に親しまれるように子犬とサービスコンセプトであるミニウォレットを合わせて透明な青を基調としたキャラクターをデザインしました。

本アプリは、スタンプカードサービスや特典の使用、様々な小規模スタンプイベント(スタンプラリーやルーレット)などの多様なサービスを提供できます。

利用者は簡単にダウンロード、インストールするだけでお店から提供する様々なイベントを楽しむことができ、お店からのお知らせや案内を受け取ることができます。

ホームページ: https://scw.12cm.jp/

Facebook: https://www.facebook.com/scwallet

Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=MXnIPmLLCvo

本サービスは全国の飲食店や美容、アパレルをはじめとするリアル店舗を対象にしています。

本アプリでスタンプサービスを提供したい場合は下記のメールアドレスからお問い合わせください。

また、スタンプサービスの利用契約をした加盟店には管理画面からアプリの利用データやマーケティングのための機能などを提供します。

12cm Mobileは、加盟店拡大のために各地域別営業エージェントと営業代理店を募集しています。

営業エージェントとは特定地域に営業が可能な個人あるいは個人事業者であり、営業代理店とは特定地域に営業が可能な2人以上の個人事業者あるいは法人です。

営業エージェント/代理店の申込はホームページで案内しています。

—–12cmについて—–

12cmは、韓国最大手の通信キャリアであるSKT社と全世界の20%以上が使用しているウィーチャット (WeChat)サービスを運営する中国のテンセント(TENCENT)社と事業協力及び投資関係を持っている会社です。2018年の平昌オリンピックのメインスポンサーであるSamsung社やKT社と契約し、スタンプサービスを提供しました。また、FacebookやWeChat等のSNSを利用して外国人を対象にしたインバウンドマーケティングサービスとスマートスタンプ認証技術を活用したプラットフォームサービスを提供しています。

12cmは、スマートフォンにスマートスタンプを押して認証するスマートスタンプ認証技術を保有した企業であり、様々な企業でロイヤリティマーケティングサービスやモバイルクーポン、モバイル決済(Mobile Payment)などといった独自ソリューションを提供している会社です。2013年に韓国本社が設立後、2015年には日本法人を設立し、4年間で中国と台湾をはじめ、海外事業を開始しており、2017年からは東南アジア、ヨーロッパ、アメリカなどで事業およびサービス地域を拡大しています。 “

韓国で使えるプリペイドSIMカードを韓国渡航前に買える?!

image-3

韓国最高のキャリアSKTのプリペイドSIMカード

image

1. 韓国マーケットシェア率1位のSKT!

2. LTEサービスエリア韓国全国対応可能!

3. 最大ダウンロード速度375MB!

SK TELECOM Prepaid Data SIMの特徴

SKT_1
  • 韓国はもちろん、日本を含む海外の音声通話の受信が可能です。(無料)
  • 韓国内でのSMSおよびMMSの受信が可能です。(無料)
  • 韓国で最も多くのホストを保有しているSKTのWi-fiネットワークに無料接続が可能です。(無料)
  • データ提供量内でm-VOIP(ライン電話/フェイスタイムなど)サービスが可能です。
  • 韓国内でも自分のスマートフォンそのまま使えます。> > 電話番号は、韓国の番号になります。
  • LTE/4Gの速度で1GBのデータを提供。1日分のデータを使い切っても5Mbpsの速度で引き続き利用可能

事前に日本で購入できるプリペイドSIMカード

韓国渡航前に、プリペイドSIMカードを買えるから、空港でバタバタしなくて済む!

韓国マーケットシェア1位のキャリアだから信頼できるサービス!

日本語の対応ができるから安心!

※Qoo10で買ってみる

※Amazonで買ってみる

注意事項

  • スマートフォンにプリペイドSIMカードを挿入した時点から24時間単位で5日/10日/30日がカウントされます。
  • プリペイドSIMカードの1日データ 1GB(LTE 優先適用)を使い切っても、速度制御モード(速度:5Mbps)で引き続きネット接続ができます。
  • 国内SMS/MMS送信、海外SMS/MMS受信・送信及び音声発信はできかねますので、ご了承ください。
  • このSIMではNFC 機能は使えません。
  • Qoo10とAmazonでご購入いただけます。
  • SIMロックがかかっているスマートフォンでは使えませんので、予めSIMロックを解除のうえ、ご購入ください。
  • 開封されたSIMカードは返品及びキャンセルができかねます。

SIMカードの使い方

Android

  • スマートフォンの電源を切って、SIMカードを挿入し、電源を入れます。
  • ホーム画面より設定>機内モード及びWi-Fiを解除し、モバイルデータをONにします。
  • キャリア表示が「SKT」に表示されたら設定完了です!

iOS

  • ホーム画面より設定 >機内モードとWi-Fiを解除し、モバイルデータ通信 > モバイルデータ通信をONにします。※iPhone6以降モデルは、LTE回線を使用>データ通信のみに設定して下さい。
  • スマートフォンの電源を切って、SIM カードを挿入し、電源を入れてください。
  • キャリア表示が「SKT」に表示されたら設定完了です!
「圏外」が表示される場合 「SIMなし」という表示の場合
  • アンテナが表示されるまで再起動して下さい。
  • 再起動をしてもサービスが継続に提供されない場合、ある場所ではサービスが提供されない可能性があるため、他の場所で再びご確認下さい。
  • SK SIMカードを挿入した状態でスマートフォンを2~3回再起動して下さい。
  • 電源を入れた状態で「電話アプリ」を起動し、#758353266#646#を入力し、発信してください。
  • 「SIMカードをダウンロードしますか?」というポップアップが出ます。OK ボータンを押して下さい。
  • 通信社 “SKT”は設定されたがデータの接続が出来ない場合APN 設定を確認して下さい。

Android

  • APN 設定方法 : 設定 -> ネットワークを詳しく見る -> モバイルネットワーク -> アクセスポイントの名前

iOS

  • APN 設定方法 : 設定 -> ネットワークを詳しく見る -> モバイルネットワーク -> アクセスポイントの名前
  • 受動設定が不可の場合(セルラーデータネットワークの表示が無い場合)· 最新のモデルのアイフォーンの場合、APN受動設定ができない場合もあるのでセルラーデータの表示が無い場合、下記のように設定してください。· Wi-Fi 連結の後、 www.unlockit.co.nzに接続ー>下段のCreate APNクリックー>Country/Carrier情報の入力ー>Create APNクリックー>‘プロファイル設置’ 再起動の後、お使いください。
APN
自動認識された場合 自動認識がされない場合
  • 該当のAPNを押して下さい。
  • APN : lte.sktelecom.com
  • APNでメニューボータンの新しい APNを追加した後、下の項目を入力して保存して下さい。
  • APN : lte.sktelecom.com- MMS PROXY : lteoma.nate.com- MMSC : http://omms.nate.com:9082/oma_mms- MCC : 450- MNC : 05
image-2

 

12CMは唯一のSKTの公式の日本販売パートナーです。

類似品あるいは類似の広告行為に注意してください。

商品の発送およびAS、お問い合わせ等は、下記の連絡先にお願いします。

TEL : 03-3525-8724
FAX : 03-3525-8734
E-mail : info@12cm.jp
販売提携先も募集しています。

ワンツーシーエムジャパン、大韓貿易投資振興公社主催‘KOREA IT EXPO 2018’に出展

-平昌オリンピックで提供した‘インバウンドモバイルマーケティング’を中心にサービスを展示して来場者の視線を集める

株式会社ワンツーシーエムジャパン2018年7月19日 19時41分 

2020東京夏季オリンピックに向けた韓国のベンチャー企業と日本企業のビジネスマッチングのための展示会。
日本の多数の企業から技術提供とサービス契約に関する打診を受ける。
スマートスタンプ(製品名: echoss stamp)認証技術を提供する企業12cmの日本法人であるワンツーシーエムジャパン(代表:辛晟源)は7月5日ホテルニューオータニで大韓貿易投資振興公社(以下、KOTRA)が主催するKOREA IT EXPO 2018に出展し、成功裏に終わったと明かした。

KOREA IT EXPO 2018は2020年の東京夏季オリンピックに向けて韓国の平昌オリンピックで新たにお目見えしたICT技術を保有する韓国のベンチャー企業と日本企業とのビジネスマッチングのための展示会であった。

KOREA IT EXPO 2018でワンツーシーエムジャパンのブースを訪問した駐日本国大韓民国大使館公使 李廷逸

KOREA IT EXPO 2018でワンツーシーエムジャパンのブースを訪問した駐日本国大韓民国大使館公使 李廷逸O2Oを利用したオリンピック関連事業、AI/Fintech、セキュリティ、E-ラーニング、IoTをテーマに多様な韓国のICT技術を保有しているベンチャー企業が出展し、競争力のあるサービスやソリューションを展示した。

本展示会を通じてワンツーシーエムジャパンは平昌オリンピックで提供したインバウンドモバイルマーケティング(Inbound Mobile Marketing)を中心にサービスを展示して来場者たちの視線を集めた。特に2020東京夏季オリンピックに備えて様々な事業を展開しようとしている日本のICT企業、マーケティング企業、旅行関連企業から多くの関心を見せた。

ワンツーシーエムジャパンは多数の日本企業と商談を行い、2018平昌冬季オリンピックでの事例に関する具体的な成果と関連した質疑応答が行われていた。また、2020年の東京夏季オリンピックに向けたインバウンドマーケティング(Inbound Marketing)サービスなど、新規事業について多数の企業から技術提供とサービス契約に関する打診を受けた。

KOREA IT EXPO 2018 ワンツーシーエムジャパン 展示ブース

KOREA IT EXPO 2018 ワンツーシーエムジャパン 展示ブース
12cmは韓国最大手の通信キャリアであるSKT社と全世界の20%以上が使用しているウィーチャット (WeChat)サービスを運営する中国のテンセント(TENCENT)社と事業協力及び投資関係を持っている会社である。2018年の平昌オリンピックのメインスポンサーであるSamsung、KTと契約し、多くの人が利用中のFacebookとWeChat等のソーシャルネットワークチャネルを利用して内∙外国人を対象にインバウンドマーケティングサービスとスマートスタンプ認証技術を活用したプラットフォームサービスを提供している。

12cm echoss stamp

12cm echoss stamp
12cmはスマートフォンにタッチして認識可能なスマートスタンプ認証技術を保有した有望な技術ベンチャー企業であり、様々な企業を対象にロイヤリティマーケティングサービスとモバイルクーポン、モバイル決済(Mobile Payment)などといった競争力のある独自技術を保有している会社である。2013年に韓国本社が設立後、2015年には日本法人が設立されている。本社設立後、4年の間に中国と台湾をはじめ、海外事業を開始しており、2017年からは東南アジア、ヨーロッパ、アメリカなどで事業対象国家と地域を拡大している。

また一方、ワンツーシーエムジャパンは日本国内でWeChatプラットフォームと連携したMini Program及び電子マネーサービス(WeChat Pay)等のサービス拡大を準備している。全世界22ヵ国にスマートスタンプを独占提供している12cmはパートナー及び多様なマーケティング企業との提携を通じてインバウンド(Inbound)市場を拡大している。