凸版印刷、電子スタンプで店舗送客 デジタルスタンプを活用し、決済やポイント付与など複数機能の利用が可能な スマホ決済・認証サービス「マルチスタンプ」の提供を開始

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、デジタルスタンプを活用し、決済やプロモーション、マーケティングなどの複数機能を一括で提供するスマホ決済・認証サービス「マルチスタンプ™」の提供を2018年6月下旬から開始する予定です。

本サービスは、商品券や回数券などの決済、スタンプカードやクーポンなどのプロモーション、データ分析を活用したマーケティングなど、複数の機能を実店舗向けに提供するものです。スマートフォンの画面にスタンプを押すという分かりやすい操作で利用できるため、店舗スタッフのオペレーション教育の負荷を軽減できます。また、新たなシステム開発などが不要であり、導入負荷やコストも低減できます。さらに、数百万通りの認証パターンを用いることで高いセキュリティ効果を発揮し、商品券や回数券といった金券類の消し込みにも活用できます。本サービスにより、決済からマーケティングまで、さまざまな課題を一つのスタンプで解決します。

なお、本サービスは、2018年3月6日(火)から9日(金)まで開催される「リテールテック JAPAN 2018」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースで紹介します。


クーポン利用のイメージ
© Toppan Printing Co., Ltd.
■ 開発の背景
近年、スマートデバイスの普及やITサービスの台頭などにより、キャッシュレス化が進んでいます。一方で、ECが普及し、オンライン企業が実店舗を展開する中でO2O市場が拡大し、実店舗でもクレジットカード決済はもちろん、スマートフォンを利用したオンライン決済やQRコード決済など、さまざまな決済サービスが導入されています。しかし、コストの高さや、運用時の負荷が店舗での導入の障壁となっていました。また、実店舗の課題を解決するためには、決済に限らず、クーポンの発行やスタンプラリーの実施など多様な機能を備えたサービスが求められています。
今回、こうしたニーズに応えるため、デジタルスタンプを活用し、決済やプロモーションなどの複数機能を一括で提供する「マルチスタンプ」の提供を開始しました。

■ 本サービスの特長
・マルチユース対応のスマホ決済・認証サービス
決済やプロモーション、マーケティングなどの複数機能を一つのスタンプで提供できます。
・導入の手間やコストを削減
電池や電源が不要なため、店舗はスタンプを置くだけで利用できます。また、メンテナンスの手間もかかりません。
・高いセキュリティ
約340万の認証パターンで、高いセキュリティ効果を発揮します。
・直感的で分かりやすい操作性
スマートフォンの画面にスタンプを押すという分かりやすい操作で利用可能なため、店舗スタッフのオペレーション教育の負荷を軽減できます。

■ 今後の目標
凸版印刷は、本サービスを流通・小売業界や飲食業界などに向け拡販、2020年度までに10,000店舗の導入を目指します。また今後、インバウンドメディアと連携したプロモーションなども行い、オンラインから実店舗への集客や顧客ロイヤリティを高めるサービスを開発・展開していきます。

* 「マルチスタンプ」は、凸版印刷株式会社が登録商標出願中です。
* 本サービスのデジタルスタンプは株式会社ワンツーシーエムジャパンが提供する「echoss Smart Stamp」です。スタンプ端末毎に固有情報を保有しており、スタンプが押された店舗を特定することができます。
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以  上

au × DAISO

https://3day.au.com/ キャンペーン紹介ページ

概要:毎月3、13、23日にauユーザーにクーポンを贈呈する3太郎の日キャンペーンで10月にダイソーで108円引換券を贈呈使用処理をechossスタンプを使用
対象店舗3200店舗(スタンプ6000個使用)

au×DAISOツイッターの反応

https://twitter.com/hidetoshiohsawa/status/918659585509953536

https://twitter.com/couragechicken/status/915163372919824385

https://twitter.com/miso2yakkun/status/915157661343113216

https://twitter.com/usagiumi/status/915149589342072832

https://twitter.com/mmitsuyukir/status/915137508668616704

https://twitter.com/kotatsu_kn/status/915106195710517248

https://twitter.com/kuri12345zen/status/915103686635819010

https://twitter.com/mkkyts/status/915031017685000192

https://twitter.com/mumutatats/status/915024127001370624

CCCMK スマホサイフ

~11月15日より、日比谷花壇のスタンプカードが「スマホサイフ」に入ります!~

CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:武田宣、以下「CCCマーケティング」)は、ポイントカードやスタンプカード、クレジットカードなど、お財布の中にある各種カードを一つのアプリに集約し、アプリ経由で利用できる共通プラットフォーム「スマホサイフ」において、11月15日より、電子スタンプサービスを追加いたします。電子スタンプサービスは、NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:和田雅夫)からの機能提供を受け※1、11月15日から全国にフラワーショップを展開する株式会社日比谷花壇の店舗(一部店舗を除く)で、初めて導入します。
20161114_smasai.jpg「スマホサイフ」は、”スマホ1つでポイントから決済まで利用できる”をコンセプトとしたアプリです。生活者の皆さまは、お財布の中の様々なカードを「スマホサイフ」に集約することで、お財布の中をすっきりさせることができます。また、「スマホサイフ」がお財布の代わりとなり、店頭でバーコードやQRコードなどを提示すると、お会計時に様々なカードのポイントが貯まり、決済までシームレスに利用することができます。

今回のサービス開始により、日比谷花壇をご利用のお客さまは、「スマホサイフ」に日比谷花壇スタンプカードをご登録後、スマホからスタンプカード画面を表示し店頭で提示いただくと、スマホの画面に電子スタンプを押印いたします。今回の電子スタンプサービスの開始により、「スマホサイフ」ではポイントカードやプリペイドカードに加え、スマホ1つでスタンプも貯まるようになります。

CCCマーケティングでは、電子スタンプサービスを導入する企業に向け、「スマホサイフ」の顧客基盤を活用したマーケティングサービスを提供いたします。導入企業はお客さまのご利用状況に応じたクーポン配信などのCRMの実施が可能になります。「スマホサイフ」での電子スタンプサービスは、今冬に洋菓子専門店および居酒屋チェーンでの導入、また来春にはラーメンチェーンでの導入を予定し、その他多くの企業にも検討をいただいており、今後さらに提携先を拡大していく予定です。

CCCマーケティングは、「スマホサイフ」アプリが、あらゆるカードを集約する共通プラットフォームとして、国内におけるデファクトスタンダードとなるよう、新たな顧客価値の創造を図ってまいります。

「スマホサイフ」概要

■サービス名:スマホサイフ
■利用料金:無料
■サービスURL:http://www.smasai.jp/
■主な機能:
・ポイントカードなど、様々なカードをまとめてお財布すっきり!
・お店で、バーコードやQRコードなどを提示するだけで、カードが使えてポイントも貯まる!使える!
・カードの残高や履歴をこのアプリ一つでまとめて管理できる!
・あなたの好きなお店やブランドの割引クーポンや、セール情報がまとめて届く!
※決済機能は各社により利用可否が異なります。
■提携先:

企業名 業種 ブランド
株式会社モスフードサービス ファストフード モスバーガー
株式会社ライトオン アパレル ライトオン
株式会社イーグルリテイリング アパレル アメリカンイーグル アウトフィッターズ
株式会社Tポイント・ジャパン 共通ポイント Tポイント提携企業(モバイルTカード利用可能店舗)
株式会社日比谷花壇 フラワーショップ 日比谷花壇

※サービス開始順

※1 NECネッツエスアイ 電子スタンプサービス「PlusZone/Stamp(プラスゾーン・スタンプ)」(http://www.nesic.co.jp/solution/sp/pluszonestamp.html
※ 本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

選べるE-ギフト(ドウシシャ)

ソーシャルギフト事業を展開の一環として、既存のPOSを介して活性化した方式の代わりにスタンプ認証を介して活性化する方法で選択可能なギフトを展開

写真は日本橋ウェルシア(ドラッグストアチェーン)のフレ容易シャᇁインBBONで展開されている様子

 

Wechat WIFI

NECネッツエスアイ、「WeChat Wi-Fiサービス」の日本国内初のサービス提供開始に向けた実証実験を実施
~主に中国人観光客の集客拡大に効果~

2017年7月18日
NECネッツエスアイ株式会社

NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証 1973、NESIC)は、中国で広く利用されているスマートフォン向けSNSアプリケーション「WeChat(ウィーチャット)」と連携した日本国内におけるWi-Fiインターネット接続サービスおよびWeb広告サービス提供の実証実験を、2017年7月20日(木)~9月14日(木)の期間、東京タワーツーリストインフォメーションセンター(東京タワー フットタウン3階)および銀座エリアで実施します。本サービスの提供は日本初(注1)となります。

WeChatは、中国大手IT企業であるTencent Holdings Ltd.(以下、Tencent社)(注2)が2011年から提供を開始したスマートフォン向けSNSアプリケーションで、全世界で約11億人以上が利用するなど、世界最大規模の人気アプリとなっています。特に、中国ではスマートフォンユーザの約9割以上が利用し、日常的なメッセージのやり取りはWeChat上で行われ、WeChat Payと呼ばれるモバイル決済サービスの利用も世界各国で開始されるなど、中国人にとっては欠かせないサービスとなっております。
WeChat Wi-Fiサービスは既に2014年から中国で開始されており、かつ、2016年からは韓国でも開始され、高い広告効果をあげており、日本国内においても中国人観光客向けの有効なO2O(注3)サービスのプラットフォームとして、Web広告サービスなどの基盤への活用が期待されています。

NECネッツエスアイは、Tencent社および韓国におけるWeChat Wi-Fiオペレーターである12cm(ワンツーシーエム)社(注4)と連携し、ユーザがWeChatアプリからQRコードを読み込むだけで無料Wi-Fiが利用できるようになるWeChat Wi-Fi機能を利用した日本国内におけるWi-Fiインターネット接続サービスおよびWeb広告サービスを10月より開始いたします。この度の実証実験は、本サービスの提供開始に先立ち、Wi-Fiインターネット接続サービスの利用およびWeb広告サービスの効果測定を行うものです。

NECネッツエスアイは、本実証実験を通じて得られた成果をもとに、Wi-Fiインターネット接続や広告/クーポン配信サービスのみならず、訪日外国人を重点顧客領域としているリテール/サービス企業に対し、マーケティングデータの提供や効果的なWeb広告サービスの提供およびWeChat上で動作するミニプログラム(注5)等と連携した各種IoTサービスの提供などサービスメニューの拡大を図り、今後3年間で本サービスの関連売上として累計50億円 をめざします。

同サービスの提供の背景および実証実験の概要は以下のとおりです。

1.WeChat Wi-Fiインターネット接続サービス展開の背景
近年、訪日外国人の増加に伴い、特に中国人観光客が日本における訪日外国人全体の消費額の約40%を占めるなど、リテール/サービス企業にとって中国人観光客は重要な存在となっています。
一方で、日本では無料のインターネット接続環境(Wi-Fi)エリアが少なく、無料Wi-Fiを利用する場合には、メールアドレス登録や利用規約承諾、個別にアプリケーションのダウンロードが必要になるなど、日本のWi-Fi利用の不便さが中国人観光客にとって大きな不満の一つとなっていました。
WeChatは多くの中国人スマートフォンユーザが利用しており、かつ、アプリケーション上で簡単にWi-Fi環境への接続が可能であるため、日本国内でのWeChat Wi-Fiの利用が期待されています。

2.実証実験実施概要
◆日  時 :2017 年7月20日(木)~9月14日(木)
◆場  所 :ラオックス銀座本店、ロッテ免税店東京銀座店、
東京タワーツーリストインフォメーションセンター(東京タワー フットタウン3階)
◆想定利用者:主に、WeChatを利用しており、訪日時にWi-Fiインターネットサービスを
利用したい中国人観光客。
◆サービス :無料のWi-Fiインターネット接続、広告/クーポン配信サービス
◆広告主  :ラオックス株式会社、株式会社ロッテ免税店JAPAN
◆連携事業者:Tencent社・・・WeChatサービスの提供・運営
12cm社・・・本サービスプラットフォームの共同開発
株式会社ファイバーゲート・・・Wi-Fi事業者

<サービスイメージ図(実証実験時)>
来日時のWi-Fiインターネット接続サービス、広告/クーポン配信を実施。

■NTTスマートコネクト お知らせページ掲載

ひらパーお化け屋敷にて当社の
「いまどこ+(プラス)」、「ココロの視える化サービス」が活用されました

平成29年7月18日

お客さま各位

 平素は、当社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 平成27年1月に提供開始しましたイベント運営サポートサービス「いまどこ+(プラス)」および、平成27年7月に提供開始しました「ココロの視える化サービス」は、以下の通りひらかたパークでのイベントに活用されました。

■ひらパーお化け屋敷の開催概要について

<開催場所> ひらかたパーク(大阪府枚方市枚方公園町1-1)
<開催期間> 2017年7月14日(金)~ 2017年9月3日(日)
(1) 呪い着ぐるみギギ<昼公演>
<開催場所>イベントホールⅠ
<開催日時>上記開催期間中、パーク営業時間
(2) 呪われた夜の遊園地<夜公演>
<開催場所>ひらかたパーク全体
<開催日時>上記、開催期間中の金・土・日・祝 20時~
ただし、7月21日、8月11日~13日を除く
*参加には申し込みが必要です。
利用料、申し込み方法等、詳細は下記URLをご参照ください。
 http://www.mbs.jp/obake/

■ひらパーお化け屋敷での技術協力に関する詳細について

<NTT西日本ニュースリリースサイト>
URL:https://www.ntt-west.co.jp/news/1707/170713a.html

■「いまどこ+」について

・「いまどこ+」概要
「いまどこ+」は、スマートフォンのGPSを利用して、広範囲に配置、移動するスタッフの位置情報をリアルタイムに把握し、効率的なイベント運営をサポートするサービスです。

 スマートフォンやパソコン等で、本サービスのマップ上にスタッフの位置をリアルタイムに表示することができ、スタッフがどこにいるかを地図上にマッピングして把握することができます。

【参考】いまどこ+(プラス)サービスサイト:http://cloud.nttsmc.com/collabo/imadoko/

・「ひらパーお化け屋敷」での実施概要
「呪われた夜の遊園地」<夜公演>において、体験者のグループごとに貸与したタブレット端末上でのMAPナビゲーションと「echoss Smart Stamp※1(以下、スマートスタンプ)」を活用した電子スタンプラリーを実現します。

※1  echoss Smart Stamp は株式会社ワンツーシーエムジャパンが販売する製品です。スマートスタンプ端末毎に固有情報(接触面のパターンデータ等)を持っており、タブレット端末等の画面へタップすることで、外部認証サーバと通信を行い、タブレット端末等の画面上に固有の電子スタンプを押印するデバイスです。

■「ココロの視える化サービス」について

・「ココロの視える化サービス」概要
バイタルデータを収集・解析することで、様々な場面におけるココロの状態を推定するサービスです。センサー端末から収集したデータを、さまざまな案件ごとにその案件に最適なアルゴリズムにて解析し、主催者様のシステム(webページ 等)に連携させることが可能です。

【参考】ココロの視える化サービスサイト:http://cloud.nttsmc.com/collabo/kokoro/

・「ひらパーお化け屋敷」での実施概要
「呪い着ぐるみギギ」<昼公演>および「呪われた夜の遊園地」<夜公演>において、体験者に装着したリストバンド型活動量計から取得した活動量データを基に、恐怖・怯え・平静・硬直・驚愕といったココロの状態を「ビビり度」として視える化します。

【本件に関するお問い合わせ】

エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
クラウドビジネス部
Mail:cloud_info@nttsmc.com

■NTT西日本 ニュースリリース掲載

 

~ICTで遊園地がまるごとホラーアドベンチャー~ひらパーお化け屋敷にバイタルデータ解析と位置情報を活用した技術協力

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾和俊 以下、NTT西日本)は、京阪電気鉄道株式会社が経営する「ひらかたパーク」において2017年7月14日(金)から開催するお化け屋敷<昼公演>とナイトホラーイベント<夜公演>(プロデュース:株式会社毎日放送)にバイタルデータと位置情報を活用した技術協力を行います。

呪い着ぐるみギギ
呪われた夜の遊園地

1.経緯について

NTT西日本は、一昨年、昨年とエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(以下、NTTスマートコネクト)が提供する「ココロの視える化サービス※1」で、恐怖の度合いを「ビビり度」として可視化し、お化け屋敷の新しい楽しみ方を提供してまいりました。
今年はひらかたパークのお化け屋敷へ、更なるシステム改良を重ねた「ココロの視える化サービス」と位置情報を活用した仕掛けを導入することにより、お化け屋敷のみならず、遊園地全体のホラーアドベンチャー化に向けた協力を行います。

  • ※1バイタルデータを収集・解析することで、様々な場面におけるココロの状態を推定するサービスです。詳しくは下記のURLをご参照ください。
    バイタルデータ解析による「ココロの視える化サービス」の提供開始について(2015年7月9日)
    http://www.ntt-west.co.jp/news/1507/150709a.html

2.取組内容について

(1)概要

ひらかたパークで開催される「呪い着ぐるみギギ」<昼公演>および「呪われた夜の遊園地」<夜公演>において、体験者に装着したリストバンド型活動量計(以下、PULSENSE※2)から取得した活動量データを基に、恐怖・怯え・平静・硬直・驚愕といったココロの状態を「ビビり度」として視える化します。
また、「呪われた夜の遊園地」<夜公演>では、GPSによる位置情報サービス「いまどこ+※3」により、体験者のグループごとに貸与したタブレット端末上でのMAPナビゲーションと「echoss Smart Stamp※4(以下、スマートスタンプ)」を活用した電子スタンプラリーを実現します。

  • ※2PULSENSEはエプソン販売株式会社が販売する製品です。本イベントでは、BLE Beacon技術に対応した業務用モデルを採用しております。なお、「BLE Beacon」とは、Bluetooth仕様の一種であり、低電力の通信を可能とするBLE(Bluetooth Low Energy)を活用しているビーコンです。
  • ※3NTT西日本、NTTスマートコネクト、株式会社ケイ・シー・シーの3社協業ビジネスとして、NTTスマートコネクトより提供しているサービスです。
  • ※4echoss Smart Stamp は株式会社ワンツーシーエムジャパンが販売する製品です。スマートスタンプ端末毎に固有情報(接触面のパターンデータ等)を持っており、タブレット端末等の画面へタップすることで、外部認証サーバと通信を行い、タブレット端末等の画面上に固有の電子スタンプを押印するデバイスです。

【画面イメージ】

【画面イメージ】

(2)技術提供の内容

<1>恐怖の度合いを視える化<昼・夜公演>

  • PULSENSEから取得した活動量データより、お化け屋敷体験中の脈拍、体の動き等バイタルデータを取得。
  • 取得したバイタルデータを独自のアルゴリズムで解析し、お化け屋敷体験後、「ビビり度」と「消費カロリー」、「最大脈拍数」、「脈拍数の時系列変化」を専用のWebサイトに表示。
  • 演出変化アプリで体験者のバイタルデータの変化を把握し、演出に活用。(夜公演のみ)

<2>MAPナビゲーション<夜公演>

  • 「いまどこ+」サービスにより、GPSデータを活用して、自分の現在地および進行方向を、タブレット端末上のパークMAPに表示。

<3>電子スタンプ<夜公演>

  • 「いまどこ+」アプリのMAP画面にスマートスタンプ端末を押すことで、タブレット端末内のスタンプラリー台紙画面に電子スタンプを蓄積。

3.各社の役割

NTT西日本

  • ひらかたパークお化け屋敷・ナイトホラーイベントにおける技術活用の企画、運営
  • ICTソリューションの提供実績から得た技術・ノウハウの提供

NTTスマートコネクト

  • 「ココロの視える化サービス」の提供
    (バイタルデータ解析ノウハウ、解析アルゴリズムは愛知県立大学より提供)
  • 「いまどこ+」の提供

4.開催概要

【開催場所】 ひらかたパーク(大阪府枚方市枚方公園町1-1)
【開催期間】 2017年7月14日(金)~2017年9月3日(日)
(1) 呪い着ぐるみギギ<昼公演>
【開催場所】 イベントホールⅠ
【開催日時】 上記開催期間中、パーク営業時間
(2) 呪われた夜の遊園地<夜公演>
【開催場所】 ひらかたパーク全体
【開催日時】 上記、開催期間中の金・土・日・祝 20時~
ただし、7月21日、8月11日~13日を除く
  • *参加には申し込みが必要です。
    利用料、申し込み方法等、詳細は下記URLをご参照ください。
    http://www.mbs.jp/obake/

5.今後の展望

NTT西日本では、様々なパートナーと共に、幅広い分野でバイタルデータを活用したビジネスの推進し、ICTで社会の課題解決に取り組んでまいります。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

NTT西日本 経営企画部 広報室
栗山、伊東、西尾
TEL:06-4793-2321

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。